笑ってくたばるヤツもいる

welcome to my Blog ~  スポーツねたを中心にオタ話をつらつらつらと書いていきます。  ~ 

Title  - スポンサーサイト -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:--/--/--/--(--:--)  CO:-  TB:-  CA:スポンサー広告   

Title  - 山本聖子、復活ならず -

オリンピックイヤーじゃないと、話題にも上がらないものなんでしょうか。

去年の女子レスリングのジャパンクイーンズカップと言えば、テレビ・一般紙も話題があがっていた筈なのに、今年はひっそり開催されたみたいです(日本テレビで録画放送されるようですが…)

レスリングジャパンクイーンズカップが25日、東京・駒沢体育館で行われた。04年12月の天皇杯をひざのけがで出場を見送った山本聖子が、59キロ級の世界選手権(9月、ハンガリー・ブダペスト)代表の座をかけて出場。準々決勝まで難なく勝ち進んだが、準決勝で元62キロ級世界王者の正田絢子にセット数2-0で敗れた。山本は過去4度世界を制した実力者。04年アテネ五輪の予選会では、55キロ級代表の座をかけて、アテネ五輪金メダルを獲得した吉田沙保里と激戦を繰り広げたことで話題となった。スポーツナビ

  im00009546.jpg

山本聖子の写真を見てビックリ! あれじゃぁ、姉の美憂の去年と一緒である。

山本聖子も世界選手権4度制したことのあり、ルックスもそこそこ。マイナーな女子アマレすの中でも昔から話題にあった人。オリンピックは普段ある7階級の中から4階級のみ実施される問題で、アテネ五輪には出場できなかったが元々の59キロ級がオリンピックにあったらメダルは取れたであろう。

山本聖子の負けた相手は正田絢子でアテネ五輪代表選考会で伊調馨に負けた相手らしい。伊調馨と同じ階級だったのであれば、当時63キロ級。体重を落として59キロ級に望んだのであれば、元々50キロ代で試合をしていた山本にとっては厳しかっただろう。

今後、山本聖子は更なる復活出来るのか。出来ることなら次のオリンピックまで吉田沙保里を追いかけて欲しいけど… そこまでモチベーションが続くかちょっと心配でもある。

ちなみに他の階級ではアテネ五輪参加組は順当に優勝している。

 ■ジャパンビバレッジ杯 ジャパンクイーンズカップ2005
  48キロ級優勝 坂本真喜子(中京女子大学)
  51キロ級優勝 伊調千春(中京女子大学)
  55キロ級優勝 吉田沙保里(ALSOK綜合警備保障)
  59キロ級優勝 正田絢子(東洋大学体育会レスリング部)
  63キロ級優勝 伊調馨(中京女子大学)
  67キロ級優勝 坂本襟(中京女子大クラブ)
  72キロ級優勝 浜口京子(ジャパンビバレッジ)

スポンサーサイト
Date:2005/03/26/Sat(23:48)  CO:3  TB:0  CA:アマレス   

FC2Ad


Dog font Maniackers Design
Log in*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。