笑ってくたばるヤツもいる

welcome to my Blog ~  スポーツねたを中心にオタ話をつらつらつらと書いていきます。  ~ 

Title  - スポンサーサイト -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:--/--/--/--(--:--)  CO:-  TB:-  CA:スポンサー広告   

Title  - 健想vs元彌 in 「ハッスル・マニア」 -

ケンゾー・ススギが元彌と対戦!

ちょっと古いネタだけど、11/3のハッスル・マニアでWWEから締め出された鈴木健想と狂言界から締め出された和泉元彌がハッスル・マニアで対戦することが決定した。

「ハッスル・マニア2005」(11月3日 神奈川・横浜アリーナ)で健想と和泉元彌のシングルマッチが正式決定した。21日、米国から帰国した鈴木健想とマネジャーの浩子夫人が成田空港で緊急記者会見を行い、狂言・和泉流二十世宗家の和泉元彌からの対戦要求を受けると発表した。
 この結果、スペシャルマッチで健想と元彌のシングルマッチが決定したが、浩子夫人は「私もいることですし、あちらにはお母さんもいらっしゃるわけですから」とタッグ対決を示唆。「お母さんが上がるのであれば、私もリングに上がります。着物対決でもいいですよ」と母・節子さんを挑発した。
im00024331.jpg

スポーツナビ


確かに和泉元彌と対戦すれば、健想が対戦相手として一般なマスコミに取り上げられるのは間違いないだろうけど、どうなんだろう? きっと健想自身はそんな役回りしか回ってこないような気がする。

まぁ、それが今後の健想の活動の第一歩といえばそんな気もするけど…

元彌は高田モンスター軍に勧誘されるらしいけど、そうなると健想はハッスル軍か?
うまく健想が継続参戦とでもなれば、健想がインリン様にうつつを抜かしてヒロコが怒りまくるというWWEで起きたようなストーリーも可能か?

ちょっと前まではハッスル・マニアに期待して見に行ってもとも思ったけど、メインもイマイチでキャプテン小川の話題があがらないし、2月にはWWE・スマックダウンが来日してくるから、どうしようか迷うところである。

色んな意味で悩ましい「ハッスル・マニア」である。




スポンサーサイト
Date:2005/10/23/Sun(00:00)  CO:0  TB:0  CA:プロレス・格闘技   

Title  - 日大山形、元監督渋谷氏に敗れる! -

再度、ローカルネタ。

秋季東北地区高校野球大会にて日大山形VS青森山田が対戦。
青森山田の渋谷監督は、その昔日大山形の監督を29年もやった人。
日大山形監督時代は山形県下では采配は兎も角、ほぼ無敵だったが(オイラが高校位まで)、なにせその頃の山形勢は全くと言っていいほど勝てない状態だった。
オイラが山形を離れ、日大山形の声を聞かなくなったと思ったら青森山田の監督に就任のニュース。

050616shibuyaGRA00185.jpg


それ以降、関西の野球留学生が多い青森山形はそれなりの活躍…。

そんな中の日大山形と青森山田の対戦。

結果は青森山田(青森1位)8-0日大山形(山形2位) (7回コールド)

四季連続の甲子園を狙う青森山田は日大山形に8-0の七回コールド勝ち。甲子園後、腰痛に苦しんだMAX141キロ右腕・野田雄大投手(2年)が発奮。先発6回を1安打無失点に封じた。SANPRO.COM


山形県勢で勝ち進む羽黒や酒田南もそうだが、やはり選手の集め方が高校野球で勝ち続けるポイントなんだろう。
野球留学の是非はあるものの、日大山形関係者はどんな気持ちだろうか。




Date:2005/10/10/Mon(17:45)  CO:2  TB:1  CA:山形ネタ   

Title  - 闘魂創造~NEW CHAPTER~ テレビ(地上波)観戦 -

テレ朝の中継で「闘魂創造~NEW CHAPTER~」を見た。ドーム当日にも関わらず通常の放送枠で僅か2試合だったのは今の新日の勢いを象徴するようだった。【試合詳細はこちら

放送があったのは

IWGPヘビー級タイトルマッチ 3WAY戦『王者 藤田和之● VS ●挑戦者 蝶野正洋 VS ○挑戦者 ブロック・レスナー』

WWE離脱後の初試合のレスナー。レスナーの顔見せ的でもあり、藤田、蝶野に気の毒な限りだが、終わってみればIWGP王者藤田、G1王者蝶野を全く寄せ付けなかった。
bt-051009-1.jpg

新日お得意の唐突のマッチメイク。藤田VS蝶野だけではドームのメインは無理とはいえ、突然レスナーが来てIWGP戦といわれても感情移入が出来ない。あの内容なら両国や武道館でノンタイトルで見せていい位。その上でドームなら…

当然、レスナーは巡業には参加さず、次回の防衛戦は1.4のドーム大会。新日は何を目指そうとしていくのか?

第一試合『藤波辰爾、西村修○ VS 長州力、石井智宏●』

試合よりも驚いたのが、長州の現場監督復帰! 何を考えているのか? 今まで長州の行動(新日→全日→新日のUターン)からすれば不思議ではないのかも? 前回の時は油の乗り切った時の選手としての復帰だったが、一度引退後に復帰してインディー周りでやっている実情で現場監督としての復帰。しかも前回は猪木との意見衝突での離脱。現場はどんな思いなんだろう。特に西村は…

ファン無視で猪木の思いで進み続ける新日。そんな中のサイモン社長のコメントは猪木の思いそのままで危機感はなさそう。社長とは言え猪木のスポークスマンそのもの。


サイモン社長は就任後、初のドーム大会を「70点」と自己採点。観衆は3万8千人と、過去最低だった5・14東京ドーム大会から3千人上積みした。IWGP戦がドームのメーンでは久々に迫力ある好試合だったこともあり、何とか復活への道筋はついた形だ。
 同社長は「世界に飛び出していく時計とストロングスタイルを元に戻す時計、両方をやっていきたい」と、再興とグローバル化に向けて不退転の決意。この日、発表された1・4東京ドーム大会では新日本に所属していた全選手にオファーを出すことを明言しており、ビッグマウスやゼロワンMAXとの対抗戦も浮上してくる。
スポーツナビ(デイリースポーツ)

他の試合は実際見ていないが、テレビ中継見ただけでは観客のノリもイマイチ。

新日の復活はあるのだろうか? 誰もが思っている猪木色の排除しかないと思うのだけど…

Date:2005/10/10/Mon(00:00)  CO:1  TB:1  CA:観戦記(プロレス)   

Title  - お粗末、高校生ドラフト -

今年から始まった高校生ドラフト。
複雑怪奇な制度のせいかトラブル続出。

 複雑怪奇な制度の説明はこちら【スポーツナビ】

プロ野球高校生ドラフト会議は3日、東京都内のホテルで開かれ、オリックスと巨人が辻内崇伸投手(大阪桐蔭高)を1巡目指名。抽選の結果、当初はオリックスで決定したものの、交渉権確定カードを引いたのは巨人・堀内恒夫監督だったことが判明し、巨人が交渉権をもぎ取った。また、陽仲壽内野手(福岡一高)を1巡目指名した日本ハム、ソフトバンクも抽選の結果、いったんソフトバンクで決定した後、日本ハムが交渉権を獲得した。

 この前代未聞の出来事が起きた背景には、当たりくじをめぐる理解の不一致があった。本来なら、当たりくじには「交渉権確定」の文字が刻印されているが、外れくじには日本プロ野球組織(NPB)の印鑑が押されているのみ。このNPBの印鑑を見て、オリックスとソフトバンクが当たりくじと間違えたため、今回の逆転劇が生じた。
【スポーツナビ】

こんなトラブルありえない話である。まぁ百歩譲って外れくじに勘違いしやすいNPBの印鑑があったにしても、各球団がくじ引いたら確認するNPBの担当者はいなかったのだろうか? 誰も確認しないまま、その場で決定というのはおかしいし、当たりくじを引いた巨人、日本ハムは即意義を言うべきではないだろうか。

可哀相なのは問題のくじで交渉権を移動(?)になった辻内(大阪桐蔭)と陽(福岡一)である。
まぁ辻内は巨人になってVサイン出して喜んでいるようだったが…
im00023279.jpg


12球団の1巡目入札選手は次の通り。
広  島 ×片山 博視(投 手・報徳学園)→鈴木 将光(外野手・遊学館)
楽  天 〇片山 博視(投 手・報徳学園)
巨  人 〇辻内 崇伸(投 手・大阪桐蔭)
日本ハム 〇陽  仲寿(内野手・福岡第一)
ヤクルト  村中 恭兵(投 手・東海大甲府)
オリックス×辻内 崇伸(投 手・大阪桐蔭)→岡田 貴弘(外野手・履正社)
横  浜  山口  俊(投 手・柳ケ浦)
西  武  炭谷銀仁朗(捕 手・平  安)
中  日  平田 良介(外野手・大阪桐蔭)
ロッテ   柳田 将利(投 手・青森山田)
阪  神  鶴  直人(投 手・近大付)
ソフトバンク ×陽  仲寿(内野手・福岡第一)→荒川 雄太(捕 手・日大高)
(〇は抽選で当たり、×は抽選で外れ)


 高校生ドラフトの結果はこちら【スポーツナビ】

個人的には楽天には柳田(青森山田)を指名して欲しかった。確かに片山(報徳学園)は良い投手だけど、東北の地域性からいって東北地方の高校出身者(実際の出身は考慮せずに)をドンドン狙って欲しかった。昔ダイエーが九州出身者で固めて行ったように…

また山形出身のオイラにとって中日に5位指名された金本明博(酒田南)は期待の星となって欲しい。

何はともあれ、今回指名された中で誰が後に出てくるか楽しみである。



Date:2005/10/04/Tue(00:00)  CO:0  TB:1  CA:プロ野球   

Title  - ヤンキース地区優勝 -

こんな事もあるものか?


米大リーグ、松井秀喜外野手の所属するヤンキースは1日、ア・リーグ東地区で同率首位のレッドソックスと対戦し、8-4で勝利。95勝目(66敗)を挙げ、8年連続の地区優勝を決めた。ワイルドカードを争っている中地区のインディアンスが、井口の決勝3ランによって敗れ、最終戦に勝っても94勝どまりが確定。ヤンキースは最終戦でレッドソックスに並ばれても、両チームの対戦成績で上回るため、規定により優勝となる。ヤンキースのプレーオフ進出は11年連続。
20051002-00000001-spnavi-spo-view-000.jpg

スポーツナビ】【試合詳細はこちら

シーズン始まって暫く先発陣が崩壊状態で、5割をウロウロしていてワイルドカードでのプレーオフ進出が危なかったヤンキースが結局、地区優勝。

ヤンキースは不思議なチームだと思う。凄い選手揃いの割には投手には若手がおらず崩壊寸前のアップアップ状態、打撃陣もロドリゲス位しかタイトルに絡んできそうにもないが、不思議と勝ってしまう。
もう歳で駄目と言われていたRジョンソンはこの試合先発で勝って17勝目。8/26以降は6勝無敗で地区優勝の原動力とも言えるだろう。
トーリ監督だから選手を掌握できるのか、選手が凄すぎるのか?


松井はこの試合、天敵ウェイクフィールドから23号アーチを放つなど4打数2安打。勝利に貢献した。
ヤンキースは8年連続地区優勝だから、松井はヤンキース入りしてからずっと地区優勝。ただワールドシリーズ制覇はまだないのが現実。
まぁ今年も投手陣を考えると厳しいかな?と思ってしまう。

ヤンキースのプレーオフの対戦相手は未定のようだけど、4日の第1戦にマイク・ムシーナが先発らしい。


MLBってレギュラーシーズンが終わると、すぐプレーオフだから間延びしなくてスゴく良いと思う。
日本ってレギュラーシーズンの後、間がありすぎて興ざめするのは気のせいだろうか。パ・リーグなんて先週の末のレギュラーシーズン最後まで西武がやっとの思いでプレーオフに進出するわ、ロッテがソフトバンクとのゲーム差を5未満に縮めたといった話題があったのに1週間も空いたんじゃイマイチ気分がのらない。
Date:2005/10/03/Mon(00:00)  CO:0  TB:0  CA:MLB   

Title  - ミキティ3位! -

トリノ五輪に向けて国内のフィギュアも開幕。


フィギュアスケートのジャパン・インターナショナル・チャレンジは1日、男女各6選手が参加して東京・東伏見アイスアリーナで行われ、女子は昨季の世界選手権覇者イリーナ・スルツカヤ(ロシア)が優勝した。日本勢は、荒川静香(プリンスホテル)が2位、安藤美姫(愛知・中京大中京高)が3位、恩田美栄(東海学園大職)が4位に入った。20051001-00000020-spnavi-spo-view-000.jpg

スポーツナビ

残念ながらテレビ観戦出来なかったので、スポーツニュースとネットでの結果からの記事となるが、どうやらスルツカヤは安定しているように思える。
トリノ五輪でも女子フィギュアはスルツカヤ中心で、日本人選手がどれだけ食い込めるかが焦点となるのだろう。

さて世間の注目を一身(?)に浴びているミキティだが、なんとこれまで結んでいた髪をほどいての登場のようだ。
im00023143.jpg

シーズン開幕戦ということもあり、無難な演技のせいか4回転は見せずじまいの模様。トリプルループで手をついてしまい3位に終わった。
今年から五月蝿い?日本のマスコミを避けてかアメリカで練習しているようで去年とは違った一面が見られるのだろう。

やはり今年も華のあるミキティ中心に回っていくのだろう…

まだ五輪代表も決まっていないので、ミキティが代表に選ばれないと世間が許さないことになるのだろうか?
毎回恒例のマラソンの日本代表選びのような醜態を見せて欲しくないものだ。マラソンは代表選考時は揉めるが2回続けて結果は出しているいるけど…

少なくてもフジTVが独占して煽りに煽って、ミキティに『私の全てを見てください』とコメントさせつつも結果はイマイチだった世界選手権の二の舞にならないように日本人選手には頑張って欲しいものである。
Date:2005/10/02/Sun(00:00)  CO:0  TB:6  CA:スケート   

FC2Ad


Dog font Maniackers Design
Log in*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。