笑ってくたばるヤツもいる

welcome to my Blog ~  スポーツねたを中心にオタ話をつらつらつらと書いていきます。  ~ 

Title  - スポンサーサイト -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:--/--/--/--(--:--)  CO:-  TB:-  CA:スポンサー広告   

Title  - 荒川、金メダル。そしてその後… -

荒川静香が日本人初のメダル。しかも金メダル! そして…

平日、週末と忙しくて更新していないうちにオリンピックはほぼ終わり。
そんな中、荒川静香が金メダルを獲得! おめでとう。

この調子では日本のメダルは荒川の金1個が確実。
メダリスト荒川を巡っての動きが活発に…

静香狂騒曲が始まった。フィギュアスケート女子で金メダルを獲得した荒川静香(24=プリンスホテル)の株が、急上昇している。arakawa.jpg

凱旋(がいせん)試合となる3月のアイスショーのチケットが、ネットオークションで高値で取引されるなど、人気沸騰。アイスクリーム好きの荒川に、日本アイスクリーム協会も商品化の可能性を探るなど、女神をめぐる周囲の動きは過熱するばかりだ。
日刊スポーツ


メダルをとってから荒川一色となったような感じ。

テレビでも散々取り上げられているけど、個人的には荒川には華が無いと思っている。長野の頃(荒川が高校生の頃)のイメージが強いのかただのお人形さんがフィギュアスケートをしているように思ってしまっている。最近は能面が滑っている気もしないでもないが…

インタビューの受け答えも世間的に受けるかとは言いがたいし、これからマスコミがどう持ち上げて行くかが気になる。

ただオリンピックでの荒川のスケーティングは立派だった。コーエンやスルツカヤの失敗はあったものの、ほぼミスなしでフリーの演技をしたのは流石である。
フィギュアは採点方法が変わったせいなのか、高度になりすぎたのか、選手のメンタル力が落ちたのかわからないが、ミスが目立つよう担ったと思う。昔、ビットや伊藤みどりの頃はあんなにミスしなかった記憶があるけど…


オリンピックもアイスホッケーの決勝でもうおしまい。
このブログで懸命に結果を追っていこうと思ったが、挫折してしまった。そのうち総括だけでもしてみようと思ってます。


スポンサーサイト
Date:2006/02/26/Sun(22:30)  CO:2  TB:2  CA:オリンピック   

Title  - 岡崎4位、カーリングは1勝1敗 【トリノ五輪 2/14】 -

入賞はするけど…

スピードスケート女子500m★  スベトラーナ・ジュロワ(ロシア)  その他結果はこちら

スピードスケートは14日、女子500メートルを行い、岡崎朋美(富士急)が2回の合計タイム1分16秒92で4位となった。岡崎は1回目に38秒46で3位。2回目も同じく36秒46だったが、2回目のトップタイムをマークした任慧(中国)に逆転を許し、0秒05差でメダルに届かなかった。大菅小百合(日本電産サンキョー)は8位、吉井小百合(同)は9位、渡辺ゆかり(富士急)は15位だった。
 世界スプリント選手権を制したスベトラーナ・ジュロワ(ロシア)が合計1分16秒57で金メダル。世界距離別選手権の同種目2連覇中の王曼利(中国)が2位だった。
スポーツナビ(時事通信)

岡崎は惜しかった。20060216012754.jpg

1位のジュロワから5位の李相花(韓国)まで0.5秒の差。岡崎と任慧は0.05秒差。紙一重の差だった(それが大きいのかも知れないけど)… メダルには届きそうも無いと思っていた競技だったので、意外中の意外の善戦だった。長野オリンピックから出ている選手でこれまで一番惜しかったかも。こんなに活躍するとは思わなかった。大菅はまたもや目立てなかった。


カーリング女子1次リーグ★  
 日本 ● 5 - 7 ○ ロシア

カーリングは14日、女子予選リーグが行われ、初戦の日本はロシアと接戦を演じたが、最終エンドで5-7と逆転された。
 日本は第5エンドで4-1までリード。しかし、その後はミスが目立ち、5-4で迎えた最終の10エンドに3点を失った。
スポーツナビ(時事通信)
20060216012813.jpg

 日本 ○ 6 - 5 ● アメリカ (延長)

カーリング女子の日本が米国を延長戦の大接戦の末下し、1次リーグ2戦目で初勝利を挙げた。
 米国は因縁の相手。前回ソルトレークシティー五輪で初戦で当たり、6-1とリードしながら逆転負け。精神的ショックを引きずり、結局1次リーグで敗退した。今回もゲームは二転三転し、最終10エンドに追い付かれる苦しい展開。この日午前中のロシアとの初戦でも逆転負けしており、嫌な空気も漂った。だが、 2大会連続出場で前回の雪辱を誓うスキップ、小野寺を中心に、成長の跡を見せた。
スポーツナビ(時事通信)
20060216012805.jpg


始まったカーリング。ちょっと試合時間が長いけど、見ているとかなり面白いと思っている。この日は見れなかったけど、可能な限り見ていきたい。(これ書きながら日本-ノルウェー戦見てます。録画のようだけど)


距離女子団体スプリント決勝★  アンナ・ダールベリ、リナ・アンデション組(スウェーデン)  その他結果はこちら
ノルディック距離の日本女子として、五輪初の入賞となる8位。「予選を通過したから楽しもうと臨んだ」と27歳の夏見が言えば、25歳の福田は「夏見さんと、五輪はお祭りだから楽しもうと話していた」。青く澄み渡った空の下、2人の笑顔が輝いた。
 1周目を終え、夏見は9位。だが、「上り調子だった」という福田が7位まで順位を上げる。そこからは7位を争い、イタリアと一騎打ち。「地元の底力にはかなわなかった」(福田)が、目標の入賞は手に入れた。
 昨年2月の世界選手権。日本距離陣は調整に失敗し、結果を残せなかった。その反省を今五輪にきっちりと生かした。
 スプリント陣は標高約1500メートルに位置する試合会場のプラジェラートではなく、200~300メートル低い場所で合宿を張る。
 「(低地の方が)酸素が多く、疲れが取れやすい」と藤本コーチ。レース当日の移動で往復約4時間。だが、選手は納得して練習に集中した。
スポーツナビ(時事通信)
オリンピックでよくある意外な選手の入賞のひとつ。今後個人戦があるので活躍に期待したいものである。
20060216012825.jpg

Date:2006/02/16/Thu(01:50)  CO:2  TB:3  CA:オリンピック   

Title  - 日本勢は未だメダルなし 【トリノ五輪 2/12~13】 -

メダル期待の競技も不調!

ちょっと更新していないうちにメダル候補の競技が悉く撃沈!

スピードスケート男子500m★  ジョーイ・チーク(アメリカ)  その他結果はこちら
金メダル期待の加藤は6位。1回目の11位が響いた。
清水は18位。日本人最高は及川の4位。20060215024532.jpg
ウォザースプーンは9位。またしてもメダルに届かなかった。

ジャンプ男子ノーマルヒル★  ラーシュ・ビステル(ノルウェー) 20060215024544.jpg
 その他結果はこちら
原田の失格のみがクローズアップされた予選だったが、決勝は日本勢は話題にもあがらないような成績。
最高は伊東の18位。葛西は20位。岡部は23位。ラージヒル、団体は期待できるのか?

スノーボード男子ハーフパイプ★  ショーン・ホワイト(アメリカ)  その他結果はこちら
20060215024503.jpg
兎に角、アメリカ勢が強かった。ショーンホワイトはダントツ!
思ったのはハーフパイプはメンタルが強くないといけないのでは? 初めてまともに見たが、決勝で成功する確率が非常に低い。
日本勢はビックマウスの面々だったが、全員予選落ち。W杯に出ていないアメリカ勢との差は大きかった。大会前はメダル確実とも言われたが、井の中の蛙の状態だった。

スノーボード女子ハーフパイプ★  ハナ・ティター(アメリカ)  その他結果はこちら
女子もアメリカ勢が強かった。日本勢は今井メロ20060215024552.jpg
以外の3人は決勝進出したものの低迷。

ショートトラック男子1500m★  安賢洙(韓国)  その他結果はこちら

ソルトレイク五輪では韓国とアメリカの選手で物議をかもした競技。連覇を狙ったオーノ(アメリカ)は準決勝で敗退し結局8位。20060215024522.jpg

オーノ不在の決勝では韓国勢が1、2位独占。20060215024513.jpg

ソルトレイクの雪辱達成か? 今後のショートトラックの競技にも注目。
寺尾は9位。



アルペン男子滑降★  アントワヌ・ドヌリアズ(フランス)  その他結果はこちら
20060215024600.jpg

Date:2006/02/15/Wed(02:52)  CO:1  TB:0  CA:オリンピック   

Title  - 早稲田大、トヨタ自動車を撃破! -

早稲田大、トップリーグ勢を倒した!

早稲田大○ 28 - 24 ●トヨタ自動車


ラグビーの第43回日本選手権は12日、東京・秩父宮ラグビー場で 2回戦2試合が行われ、早大(大学1位)とNEC(トップリーグ3位)が、準決勝に進んだ。第35回大会からトーナメント方式に変わった日本選手権で、学生代表が社会人上位チームに勝ち、4強入りするのは初めて。
 早大はFB五郎丸の先制PG、ナンバー8佐々木のトライなどで前半を21-14とリード。後半もロック内橋のトライなどで加点し、トヨタ自動車(トップリーグ4位)の反撃をしのいで、28-24で逃げ切った。NECは合計10トライを奪うなど、コカ・コーラウエストジャパン(トップチャレンジ 1位)に69-24で大勝した。
スポーツナビ(時事通信)

マイクロソフト杯の決勝が凡戦だったし、いつの間にか始まっていた日本選手権。
トリノオリンピックの陰に隠れて、とうとう早稲田がトップリーグの一角を倒した。今年の大学勢との試合振りからトップリーグの下位チームなら早稲田はいつでも勝てるとは思っていたが、トップリーグ4位のトヨタを破るとは…
0212ne15.jpg

テレビで見ていたが、流石早稲田の試合は秩父宮の入りが良い。観客の殆どは早稲田の応援をしていただろう。

試合は早稲田が終始リードしていた。途中さすがに社会人の壁が強いと思わせる所があったが、トヨタはミスを繰り返し自滅した感じ。ラインアウトをことごとく早稲田に取られていた。トヨタの悪いところが出まくったという所か。

この内容を見て、日本ラグビー界の躍進は厳しいと痛感した。トップリーグは日本の最高峰のリーグ。その4位のチームが簡単(?)に学生にやられてしまった。早稲田からも代表スコッドに曽我部や五郎丸が選ばれているが、レギュラーとは言い切れない。そんなレベルの学生に負けたのはどうなんだろう。社会人はトップリーグの中で井の中の蛙になっているように思う。もっと社会人は外に向けて強化していくべきではないだろうか?

それにしても早稲田の勝利は立派。清宮監督の集大成だろう。
思えば早稲田が昔の日本選手権で社会人に勝ったのは1988年の永田キャプテンの時の東芝府中戦。その時のNo8は清宮。その年は1年下の1年に堀越、藤掛、今泉がいて早稲田復活といわれた年だった。それ以降、清宮監督が就任するまでは社会人には歯が立たない状態だった。

★清宮監督就任後の早稲田大の日本選手権成績
 2002/01/20 ●12 - 77○ トヨタ自動車
 2003/02/09 ●31 - 68○ リコー
 2004/02/21 ○32 - 29● コカ・コーラウエストジャパン
 2004/02/29 ●16 - 26○ ワールド
 2005/02/05 ○59 - 5● タマリバ
 2005/02/12 ● 9 - 28○ トヨタ自動車
 2006/02/04 ○47 - 7● タマリバ


来週の早稲田の相手はトップリーグ・マイクロソフト杯 二冠の東芝府中。どんな試合になるか。
少なくても秩父宮は満員だろう…

Date:2006/02/13/Mon(01:03)  CO:3  TB:2  CA:ラグビー   

Title  - 日本勢は肩透し! 【トリノ五輪 2/11】 -

女子モーグル、上村振るわず。原田、高橋大斗はお粗末!

女子モーグル決勝★  ジェニファー・ハイル(カナダ)  その他結果はこちら
トリノ五輪のフリースタイルスキー女子モーグルは11日、サウゼドルクスで決勝が行われ、上村愛子(北野建設)は24.01点の5位に終わり、メダル獲得はならなかった。

 上村は第2エア、予選に続いて得意技の3Dエア「コークスクリュー720」を見事に決め、滑り終えた段階では2位。しかし、後続の予選上位者たちがターンやスピードで上回った。
スポーツナビ

テレビで生中継で見ていたが、ナイターでの決勝のせいか前半の選手は得点が伸び悩んでいた。上村も予選の24.40から決勝では24.01。折角「コークスクリュー720」を決めてもスピードがないため、思ったより得点が伸びなかった。
上位の選手はエアは上村ほどではないものの、スピードの迫力があった。メダルに届かないのはその差だっただろう。
上村は次回のオリンピックを目指すのだろうか?
20060212-04248485-jijp-spo-view-001.jpg

流石に里谷は上位に食い込むのは無理があった。

ジャンプ男子ノーマルヒル予選★ 結果はこちら
ジャンプは11日、ノーマルヒル(HS106メートル、K点95 メートル)の予選を行い、葛西紀明、伊東大貴(ともに土屋ホーム)が12日の本戦に進出した。予選免除の岡部孝信(雪印)と合わせ、日本勢は3選手が出場する。原田雅彦(雪印)は予選通過圏内の95メートルを飛んだが、体重に対してスキー板が長すぎたため失格となった。
 葛西は予選対象者の中では最高の103メートルをマーク。岡部は101メートル、伊東は99メートルを飛んだ。
スポーツナビ(時事通信)


葛西、伊東は順当としても、原田が折角95メートル飛んだのにつまらない事で失格。もう少しきちんと体重管理しておけよと言いたくなる結果だった。これが原田らしいと言えば、それまでだが。
im00031779.jpg
決勝進出の3人にはメダルに絡むように頑張ってほしい。

ノルディック複合★  ゲオルク・ヘティッヒ(ドイツ)  その他結果はこちら
高橋のトリノ五輪初戦は、無念の結末に終わった。9日のノーマルヒルの練習で腰に違和感を覚え、手探り状態で臨んだ前半飛躍。97.5メートル、96メートルと伸ばし切れず12位。入賞も厳しい状況で、結局、後半距離(15キロ)を棄権した。
 昨年2月も、プラジェラートの五輪会場で行われたワールドカップ(W杯)のラージヒル練習で腰を痛め、W杯と直後の世界選手権の一部欠場を余儀なくされた。台こそ違え、同じジャンプ場で再び腰を痛め、高橋は「おれ、アホだな」と思ったという。
 「同じ過ちを2度繰り返すなんて」と自嘲(じちょう)気味。前回ソルトレークシティー五輪ではスプリントで6位入賞。2度目の五輪に懸ける意気込みは強かっただけに、本人もショックだ。
スポーツナビ(時事通信)
情けないの一言。
距離の最後の1週を見たが、競っているところは何ともいえない緊張感があると思った。銅メダル争いはわずかなスキーの先端の差であった。

スピードスケート男子5000m★  チャド・ヘドリック(アメリカ) その他結果はこちら

 宮崎21位、牛山27位


Date:2006/02/12/Sun(14:37)  CO:2  TB:3  CA:オリンピック   

FC2Ad


Dog font Maniackers Design
Log in*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。