笑ってくたばるヤツもいる

welcome to my Blog ~  スポーツねたを中心にオタ話をつらつらつらと書いていきます。  ~ 

Title  - スポンサーサイト -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:--/--/--/--(--:--)  CO:-  TB:-  CA:スポンサー広告   

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

COMMENT LIST

TRACKBACK

Title  - スポンサーサイト -  のトラックバックアドレス
http://e9reasan.blog9.fc2.com/tb.php/26-bcf64a2d
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

TRACKBACK LIST

Title  - 全日、三冠は小島に… -



全日の2.16代々木大会「REALIZE」でとうとう三冠ヘビーのベルトが川田から小島に移動しました。

『三冠ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
[王者]川田利明● 27分04秒 ラリアット→体固め [挑戦者]○小島 聡』


実際の試合を見ていないので、詳しい事はわからないけど小島の怒涛の3連続ラリアートでの勝利。兎も角、小島オメデトウ!善戦マンからの脱出万歳となるのでしょう。

昨年からの全日の動きからして、そろそろベルト移動の時かとは思っていたので順当な流れではないでしょうか。
磐石の三冠王者の川田でしたが、2.20の新日両国大会のIWGPと三冠のダブルタイトルマッチで、敢えてまた天山と戦う意味がないのかなと思っていたのでちょっとホッとしたのも事実。

「はらだんだん」さんの記事にトラックバックとさせてもらってますが、「はらだんだん」の記事にもあるように今頃になってのIWGP・三冠のダブルタイトルマッチの必然性が余り見えてこないのが寂しい限りです。
前述で述べたように「天山VS川田」では川田に三冠挑戦失敗したばかりの天山が敢えて戦う意味が全くないし、「天山VS小島」でも同窓会雰囲気が漂うばかりで共に初防衛となればダブルタイトルマッチの権威もあったものではないですね。
IWGPと三冠のダブルタイトルマッチは結局同日開催の「PRIDE29」への対抗なのでしょうが、一般ファンを呼び込むようなマッチメークでないのは事実。
国内のプロレス界の人気の凋落ぶりは酷いものだと、つくづく実感してしまう!
折角の『IWGPと三冠のダブルタイトルマッチ』なのだから「鶴田VS藤波」「三沢VS武藤」あたりで見てみたかったものです。

三冠を失った川田は暫く好き勝手に動けてかえってよかったかも。ハッスルKでは小川との対戦が決まったみたいだし、全日ではタッグ戦線で健介か武藤か諏訪間あたりと組んで盛り上げるのも良し。

今後の全日はIWGPと三冠のダブルタイトルマッチ次第だけど、小島・武藤・川田の絡みがどうなることやら…
スポンサーサイト
Date:2005/02/18/Fri(00:00)  CO:0  TB:0  CA:プロレス・格闘技   

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

COMMENT LIST

TRACKBACK

Title  - 全日、三冠は小島に… -  のトラックバックアドレス
http://e9reasan.blog9.fc2.com/tb.php/26-bcf64a2d
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

TRACKBACK LIST

FC2Ad


Dog font Maniackers Design
Log in*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。